Bandol x 2nd コットンアンサンブル

¥21,120 通常価格

【7月21日(水)12:00受注開始!】

カーディガンとバスクシャツの
セット販売のみになります。

購入期間:2021年7月21日(水)12:00~9月27日(月)19:00
配送時期:2022年1月中旬予定
※制作都合によりお届けが遅れる場合があることをご了承ください。 

【カラー】
ネイビー・マスタング

【サイズ】
※写真のパピー高野(ベレー帽着用)は 174cm 54kg(Mサイズ着用)
※スタイリスト吉村さんは174cm 55kg(Mサイズ着用)

Mサイズ
・カーディガン: 着丈69cm × 肩幅44cm × 身幅53cm × 袖丈62cm
・バスクシャツ: 着丈68cm × 肩幅44cm × 身幅53cm × 袖丈57cm

Lサイズ
・カーディガン: 着丈71cm × 肩幅46cm × 身幅55cm × 袖丈63cm
・バスクシャツ: 着丈70cm × 肩幅46cm × 身幅55cm × 袖丈59cm

ご購入前に以下の注意事項をご確認ください。
※こちらの商品は完全受注販売商品です。
※ご注文から1週間以内のキャンセルが可能です。購入完了メールに記載のお問い合わせメールアドレスに、キャンセルの旨ご連絡をお願いいたします。購入完了メールが迷惑メールに入ってしまうことがございますので、届かない場合は、そちらも合わせてご確認ください。
※お客様都合の返品は受け付けておりません。

フランス製の高品質カットソーで、
上品なアンサンブルスタイルを

男性の方々にとっては、アンサンブルという言葉は聞き馴染みのない言葉かもしれません。そもそもはフランス語で「調和・統一・一緒に」などという意味で、レディースファッションにおいてはセットで着るものとして販売されています。その定番といえばハイゲージのクルーニットに、全く同じ生地のクルーネックのカーディガンのセットやワンピースとジャケットのセットなど、上品なニット生地やフハク生地で作られている物がほとんどです。

メンズにおいてはジャケットとベスト、ジャケットとパンツなどのセットアップスタイルこそありますが、カジュアルシーンでは上品すぎることも多く、休日ファッションとしてはあまり馴染みのないものばかり…。 そんなところに着目し、それぞれ単品でも着回しが効き、ちょっとしたビジネスシーンでも休日にも着用しやすい、カットソーを使ってのアンサンブル計画が始まりました。

滑らかで、さらに伸縮性にも富んだインターロックと呼ばれる生地を採用。この素材は上品な表面の見た目だけでなく、裏地も滑らかで、とても肌あたりが良い。バンドールのTシャツやカーディガンによく使われている定番の素材だが、バスクシャツとしては販売されていない。フランスで作られている生地を使用してフランスで縫製される、純フランス製ということも嬉しいポイント

あまり広すぎてもだらっとして見えるし、かといって詰まり過ぎても窮屈に見える。1枚で着てもカーディガンの下に着ても違和感のない、適度な広さに設計

カットソーを重ね着したときにありがちなのが、インナーシャツの袖の捲りあがり。そのままでは不格好だけど、伸ばしたらカーディガンの袖元からシャツの袖元がチラリ…。 バスクシャツを9分丈にしたことにより、捲りあがった際も直しやすく、直してもカーディガンの中にすっぽりと収まる

同時進行中の別企画「gim×2nd チルデンニットセーター」でも同様だが、最近はもっぱら浅めのVゾーンが気分。ブランド定番のカーディガンよりもボタン数を一つ増やし、Vの幅を浅くしている。ネクタイをキュッと巻いたときも、きっと締まって見えること間違いなし

言われないと気付きにくいが、実は大きな差をもたらしているポイントがリブの長さ。袖も裾も、通常の約半分の太さに変更することによってすっきりとした印象になり、カーディガン単体で着用した場合でも洗練された雰囲気をもたらす

全てが同じ樹脂ボタンではなく、ひとつひとつの表情が微妙に異なり、角度によってとても上品な光沢を放つシェルボタン。当然今回のカーディガンにも採用しており、アンサンブルとして着た際の良いアクセントになる

記事はこちら