71 本田浩人 (2nd営業)/フランス軍のモーターサイクルコート

¥30,000 通常価格

2nd 営業

本田浩人

フランス語・英語・日本語と3ヶ国語を操る営業部イチ、グローバルな男。特にフランスへの愛は強く、グーグルマップの音声設定をフランス語にする謎のこだわりを見せている。営業部最若手ながら、もっとも貫禄のある出で立ちをしており、本人はそんな気はないのだが、油断すると先輩でも敬語を使ってしまっているほどのオーラを放つ。また、フランスと同じくらいB'z愛が強く、新入社員は、以前メンバーと撮った記念写真を自慢されるという洗礼を受ける。

 

男らしさと品のよさを兼備したユーロヴィンテージの傑作。

1940年代〜1950年代にかけてつくられた、仏軍のバイク部隊用コート。近年のヨーロッパヴィンテージブームで注目されているアイテムのなかでも、特に傑作と言われている。

「フィレンツェへ出張に行った際、「Antique Clothes」という古着店で購入した一着です。周りに「サイズ1は希少だから着てみて」と言われて試着。いつもの僕だったら買わないジャンルの服ではあるんですが、初めてのフィレンツェで気分が高揚していたのか、その場の勢いで購入したというのが正直なトコロです(笑)。しかし、“フランス軍”というだけあって、ミリタリーアイテムでありながら、シルエットやドレープ感が綺麗。この、粗野な質感と上品さのバランス感に、人気の理由があるのだと身をもって実感しました。ボタンを留めずに、ベルトだけ絞ってウエストラインを出す着方もおすすめですよ」

 

 

 

 

Condition

一番下のボタン欠損。ところどころほつれも見られる。ヴィンテージに理解のある方に

 

両腿の内側部分に、足を通す固定ストラップが付いている。これはバイクに乗る際にコートの裾がバタつかないようにするためのディテール

 

 

一番下のボタンが欠損している。生地に関して傷が見られる箇所もあるが、ヴィンテージとしては比較的キレイな印象

 

Spec

サイズ表記:1

着丈117×身幅68×裄丈76㎝

※表示価格は送料込みの金額となっております。