【受付終了】Le Sans Pareil × 2nd スタンドカラーダブルジャケット

¥32,450 通常価格

こちらの商品は、受注受付を締め切りました。

購入期間:2021年9月24日(金)12:00~11月10日(水)19:00
配送時期:2022年1月中旬予定
※制作都合によりお届けが遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

【カラー】
ブラック

【サイズ】
38(S)サイズ:着丈68cm×肩幅45cm×身幅55.5cm×袖丈59.5cm
40(M)サイズ:着丈70cm × 肩幅47cm × 身幅58cm × 袖丈61cm
42(L)サイズ:着丈72cm × 肩幅49cm × 身幅60.5cm × 袖丈63.5cm
40(M)サイズ、42(L)サイズの2サイズ展開となっておりましたが、お客様のご要望にお答えして、38(S)サイズを追加しました。すでにご購入いたただいたお客様で、サイズ変更をご希望の方は、「2nd.info@heritage.inc」までご連絡くださいませ。なお、受注締切後のサイズ変更は承れませんので、あらかじめご了承ください。
※洗濯後の縮み目安 着丈1~2cm 身幅0.5~1cm 袖丈1~1.5cm
※モデル着用サイズ:40(M)サイズ(身長180cm体重65kg)


ご購入前に以下の注意事項をご確認ください。
※こちらの商品は完全受注販売商品です。
※ご注文から1週間以内のキャンセルが可能です。購入完了メールに記載のお問い合わせメールアドレスに、キャンセルの旨ご連絡をお願いいたします。購入完了メールが迷惑メールに入ってしまうことがございますので、届かない場合は、そちらも合わせてご確認ください。
※お客様都合の返品は受け付けておりません。

出自不明の超希少ヴィンテージアイテムを、
現代的にアップデートした意欲作!

フランスのワークウエアの代表格ともいえるモールスキン生地のジャケットといえば、バリエーションはあまたあれど、こんな変わり種を見たことがある人はあまりいないはず!? あまり見かけないスランドカラー仕様に加えて、実に特徴的なのがボタン数が多く、さらにボタン間隔の狭いダブルブレステッド仕様。今回の別注のベースとなったヴィンテージは、2nd編集部パピー高野が古着店でひと目ぼれして購入した1着。タグもなければ、出自もわからないこのジャケットの詳細を探るべく、今回の別注先である【ルサンパレイユ】に話を聞きに行った。しかし、ライトオンスのモールスキン生地から1900年代初頭の個体ということと、当時の所有者が付け替えただろう袖にある薄っすらとした土汚れから農作業に従事する人のものではないかということが推察されるのみ。つまり、プロの目を通じても詳しい出自は不明という超マニアックな1着。着用できたらさぞ格好いいと思いつつも、サイズも小さく、着用には向かないコンディションのため、このジャケットをベースとした別注アイテムの製作を依頼。現代的なアップデートが施され、パピー高野のこだわりが詰まったジャケットが完成いたしました!


▲ベースとなった1900’s オリジナルヴィンテージ

一般的なモールスキンジャケットはベーシックで大型の襟がつくが、今回はオリジナルに忠実にスタンドカラーを採用。インラインのアイテムでは採用されていない特徴的なディテールだ。スタンドカラー&ダブルブレステッド仕様により、他ではお目にかかれない特別なデザインに仕上がっている。

▲インラインでは展開されていないスタンドカラー

フロント部分にはトータルで16個ものボタンが付く。かなり目立つだけに、ここで手を抜くとイメージがかなり違ってしまいかねないため、ボタン選びは慎重に行った。ファーストサンプル段階ではもっとフラットなボタンだったが、よりオリジナルに近いクラシカルなボタンを採用した。

▲16個も付くフロントボタン。クロスで縫い付けられているのもさりげないポイント

そして実は袖にもこだわりポイントが隠れている。インラインで販売されているアイテムの袖はタックが2本。一方こちらのジャケットはオリジナルヴィンテージ同様、この部分のタックを4本入れるこだわりぶり。これにより袖のシルエットが丸く、印象的に。メーカー泣かせの超マニアックな仕様だ。

▲言われないと分からない!? 写真でも見えない部分だが、編集部拘りの4本タック

内ポケットは左胸に。インラインの製品では右胸裏に付くが、オリジナルを再現して左右を変更した。ここはもはや言われても分からない点かもしれないが、忠実にオリジナルの再現をする上では欠かせない部分。しかもその縫製が大変なんです。

▲大き目の内ポケットは、スマートフォンや手帳を忍ばせるのに最適

アイテムの印象を決める生地は、ブランドオリジナルのブラックモールスキン。1894年創業のワークウエアブランドとしてモールスキンを扱ってきた、【ルサンパレイユ】の代名詞。やや光沢感のある重厚な生地は、他のメーカーでは真似できない特別な生地だ。

▲しっかりと目の詰まったモールスキン素材は、最高の手触りと温もりを実現