61 本江浩二 (Pt.アルフレッド)/フライツォーリのミリタリージャケット

¥25,000 通常価格

Pt.アルフレッド/店長

本江浩二さん

ジーンズショップEIKO、シャンタルデュモ、ハーバード、バーンストーマー、アングローバルと、数々のブランドやPRオフィスを経て独立。1994年、恵比寿に「Pt.アルフレッド」をオープンするに至る。同店は、“オジサンたちの悩みをアジに変える”という想いのもと、手間をかけて作られたモノを長く使うことを提案するセレクトショップ。オリジナルのパンツ専業ブランドも人気だ。2021年は、'18年に発売された『オヤジの着こなしルール』の第2弾や、生産者・小売店・消費者の“情報交換井戸端会議”となるオンラインワークショップなど、様々なフィールドを舞台に計画進行中。


ヨーロッパらしい丁寧なつくりの[M-65]的ジャケット。

1925年にミラノで創業したユニフォー ムブランド、フライツォーリ。こちらはイタリア軍のミリタリージャケットを復刻させたもので、いまはブランドからも展開されていない。アメリカ軍で言う[M-65]のようなアイテムである。

「ミリタリー系アイテムを取り入れたコーディネイトとなると、つい身構えてしまうことも多いと思います。しかし、イタリアをはじめとしたヨーロッパものはつくりがよく、ファッションアイテムとしてガシガシ着られるんです。アメリカンミリタリーの男らしさが、いい意味で中和されているというか。たとえば背面にアクションプリーツが施されていたり、内側にパイピングがついていたり、細かいところまで丁寧につくられている。お国柄もあるのか、こういったこだわりはアメリカものにはないと思います」。

 

 

 

Condition

目立つダメージや傷は特になし

 

 

ヨーロッパらしさの最たる特徴として、非常に丁寧なつくりのアクションプリーツが背面に施される。ほかにも肘部分のパッチなど、随所にこだわりが見られる

 

Spec

サイズ表記:52

着丈73×肩幅52×身幅56×袖丈64cm

※表示価格は送料込みの金額となっております。