OFFICIAL x HERITAGE チェストバッグ

手ぶら通勤があまりにも快適だったので
究極の手ぶらバッグを作りました。

カリフォルニア生まれのブランド、OFFICIALのチェストバッグがとても使い勝手がいい。Lightning、2nd統括編集長の松島、これが気に入ってしまい、通勤バッグとして活用しているって話は、以前YouTubeのCLUTCHMAN TVでも触れていた。しかし、デザインがナイロンやビニール素材のものばかりで、ヘリテージスタイルを提案するボクらのコーディネイトにはややミスマッチ感があった。
「デニムやワークブーツにも合うデザインだったら、もっといいのになぁ」と呟いてみた瞬間、「そうだ、ボクらのスタイルで作ってもらっちゃおう」と閃いた。OFFICIALにお願いしたのはレザーと帆布を使ったモデル。話はとんとん拍子に進んでいき、誕生したのが今回の2型だ。まずは革にこだわった。経年変化の素晴らしい栃木レザーか、上質な光沢感のコードバンか。悩んだ結果、4点留めの大型サイズは栃木レザー×8号帆布。経年変化していったときの飴色のレザーをイメージして、帆布のカラーはオリーブを選択した。小型サイズの3点留めはコードバンの美しさを引き出すために、ブラックコードバン×ブラックの8号帆布に決めた。金具は落ち着きのあるブラスカラーで統一。
ファスナーはクラシックなデザインだが、頑丈で世界的に評価を得ているUNIVERSALに。ディテールだけでなく、製造もすべて国内工場を指定。Made in Tokyoで作ってもらうことに。とにかく隙のない貪欲な作りを追求した。内側も岡山の工場で織られた国産スレーキを使っていることも付け加えておく。

 

数量限定のため、無くなり次第、受付終了となります。

OFFICIAL x HERITAGE チェストバッグ