フレンチヴィンテージの 希少モデルを 街着にアレンジ!

フランス軍のバイク部隊が1940 ~’50 年代に採用した[M-35]や[M- 38]と呼ばれるオーバーパンツから着想。見た目はイイのに、ヴィンテージは街使いに耐え難いディテールが多かった。

COLOR VARIATION
ミリタリーの定番カラーであるカーキ (オリーブ)とベージュの2色展開。「ギ ミックが多いパンツ だから、その他の要素はベーシックにしたい」という編集部 の意向を踏まえた。

 

前回のネイビーブレザーに引き続き、 今回はフレンチミリタリーの傑作をベースとして タウンユースに適した一本へとアレンジ。 いま編集部が穿きたい渾身の別注ができました!

ありがたく完売御礼をいただいた前回のユニバーサルオーバーオールズとのネイビーブレザー。つい先日、ご購入者の方々へ無事お届けしたのも束の間……。次は「ブレザーに合わせるミリタリーパンツが欲しい!」という、編集部員からのワガママに応えてくれたのは、デイリーなミリタリーウエアを良心的価格で展開するアーミーツイル。

 まずは編集部がいま最も穿きたいミリタリーパンツを真剣に考えた結果、挙がったのはフレンチミリタリーのモーターサイクルパンツ、[M‐35] や [M‐ 38] 。ヴィンテージ市場でも人気が高まっている欧州モノのなかでも、タマ数が少ないアレです。デザインは良いのに正直タウンユースとして穿きこなすには要らないディテールが多すぎるって思っていた人も多いはず。

別注するなら「生地をもっと薄くて軽いものに」、「腰のエプロンはいらないけど、ベルトは残したい」、「貫通ポケットは絶対に普通に使える袋ポケットがいいよね」などなど……。とにかく沢山のワガママを聞いていただいて、渾身の一枚が完成しました!

 今回も完全受注生産なので、早めのオーダーをお忘れなく!お届けは来年の4月頃を予定しています。

 

風格は残しつつ快適に こだわった4つのポイント。

見た目はイイのにとにかく余計な要素が多かったヴィンテージピースを、とことんデイリーユースに。でも、古着らしい雰囲気はしっかり残しました!

①腰ベルト
ここが最大の特徴。 グルカパンツのようにタックインして主張させるも良し。垂 らせばタックアウトでも良いアクセント

②裾ベルト
忠実再現した裾のベルトは縛らずとも良 いギミック感。バックルパーツも納得の いく雰囲気のものを選ぶことができた

③内ももの補強パッチ
バイク運転中の摩擦 から守る内ももの補強布は古着だと3重にもなっているが、 別注は2重に減らして生地も軽くした

④ポケット
元はオーバーパンツのため貫通式だったが、別注はスレーキを付けて袋ポケット に変更。使いやすさが格段にアップ!

 

編集部きっての ヨーロッパ好きが 早速、試着してみました!

「3つボタンのテー ラードジャケットに タイドアップで崩し たアメトラミックス コーデ。タイまでタ ックインしてウエス トベルトを強調しま した」。(178㎝ 70㎏、 Lサイズ着用)

「来春をイメージし てリネンJKT 洗い ざらしのシャツ、小 物もベレー帽とスカ ーフでとことんヨー ロッパにしました! 裾から覗くウイング チップがミソ!」。 (174 ㎝ 54 ㎏、L サイズ着用)