ハンドメイド製作の現場に潜入!【Punctuation × 2nd タータンチェックベレー】

ハンドメイド製作の現場に潜入!【Punctuation × 2nd タータンチェックベレー】

現在様々なブランドと絶賛進行中の2nd別注企画。職人2人によるハンドメイドで作られるPunctuation × 2nd[タータンチェックベレー]の製作工程を見せてもらったので、その一部を特別にご紹介しちゃいます!


▲今回のベレー帽の仕様書。イラストと共に要望した細かいディテールが記載され、これを基に製作がすすめられる

 

パンクチュエーションは大阪を拠点に、職人夫婦の手によってフルハンドメイドで作りだされる帽子ブランド。そもそも現代において、フルハンドメイドで帽子を作るブランドはかなり希少な存在。機械で作られる製品の方が効率的で価格も安くなるし、当たり前と言えばそうなのかもしれません。

ですが当然ながら、ハンドメイドだからこそ出来ることも多くあります。例えばこの企画で使用しているチェック柄の生地だと、手作業でなければ柄合わせは不可能。他にも細かいサイズ調整や裏地が付く仕様なども、フルハンドメイドならではの仕様だと言えるでしょう。

順を追って、製作工程の裏側をお見せしちゃいます♪

 

①生地のアイロン掛け

まずは裁断するにあたり、使用するすべての生地にアイロンを当てる。シワを伸ばすと同時に、生地のほつれが無いかどうかも入念にチェックする。

 

生地の裁断・目打ち


型紙に沿い、手作業で裁断を行う。これは柄合わせをする上でとても重要な工程で、わずかな誤差で柄合わせが出来なくなることも。まさに職人技だ。

 

③2nd別注タグの製作

手作業でのチェーンステッチによって[2nd]の文字が刺繍される。古いヴィンテージウェアに付いているタグようなイメージで、生成り生地に赤文字のシンプルなデザインにした。

 

④縫製


裁断が終わった生地を一つ一つつなぎ合わせていく。チェック柄はステッチの歪みが目立ってしまうので、丁寧に縫い上げる。

 

⑤ハトメを打つ

通気を考えられて付けられるハトメ。裏地を重ねた状態で目打ちした位置に合わせて打っていく。これも寸分の歪みも許されない作業だ。

 

⑥すべてのパーツを付けて完成


左耳側に付けられる挟み金具を取り付けて完成。
ブランドのタグに並び、別注の証である2ndの刺繍タグも付けられる。

 

職人の手による、温もりを感じるハンドメイドベレー


▲帽子の製作を担当する松浦良平さん(右)と、刺繍や装飾を担当する松浦利予さん(左)

このように全ての工程をハンドメイドで行っていながら、税込み9240円という価格は非常に魅力的!多くの人に、フルハンドメイド帽子の温もりをお伝えしたい!2022年8月1日(月)19:00までの販売となっており、完全受注生産なので買い逃しは禁物です。

ご購入はこちらから!

【完全受注発注・ご購入スケジュール】

購入期間:2022年6月16日(木)12:00~2022年8月1日(月)19:00まで
配送時期:10月下旬頃予定
※制作都合によりお届けが遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

【価格】
9240円(消費税、送料込み)

【サイズ】
59.0cm(主に男性向け)
57.5cm(主に女性向け)
※サイズアジャスターで、小さく調整可能

 ご購入前に以下の注意事項をご確認ください。
※こちらの商品は完全受注販売商品です。
※ご注文から1週間以内のキャンセルが可能です。購入完了メールに記載のお問い合わせメールアドレスに、キャンセルの旨ご連絡をお願いいたします。購入完了メールが迷惑メールに入ってしまうことがございますので、届かない場合は、そちらも合わせてご確認ください。
※お客様都合の返品は受け付けておりません。

問い合わせ/2nd.info@heritage.inc

前の投稿