【注文締切前最終!】インディゴコットンのエイジング検証!

【注文締切前最終!】インディゴコットンのエイジング検証!

さらに着こんでエイジングを検証!

先日の記事でもお伝えしたが、このカバーオールの本質はエイジングをさせながら、色落ちに合わせた着こなしやエイジングによる経年変化を楽しむことにある。エイジング後の姿を想像してもらいやすくするために、バイオによる加工でサンプルを作っていただいたものの、実際にどんなエイジングを見せてくれるのかを確認すべく、さらに着こんで洗濯を行うという検証を行った。

コインランドリーで洗濯&乾燥!

今回は一般的な洗剤(デニム用などではない)も入れて洗濯。どんな変化があるのか楽しみにしながら、しばし待つ。前回は糊が残っている状態だったため水だけでの洗濯だったのに対し、今回は数週間とは言え着こんだのちの洗濯につき、洗剤も入れて汚れを落とす意味もある。すると、洗濯槽の中は結構なブルーに……。かなり明確な色落ちが見られるのか?

また、今回は乾燥機もかけてみた。いわゆるパッカリングと呼ばれる縫製糸の縮みによって生まれる畝状の色落ちが出るかどうかを検証すべく、乾燥機にかけること10分。薄手のインディゴコットンはおよそ乾燥しきった状態となった。

パッカリングが浮き出てきた!

乾燥機から取り出すと……はっきりとパッカリングが生まれ、徐々にではあるが、全体の色味もよりインディゴらしい濃紺へと変貌を遂げた! 袖や裾、前合わせの箇所にはカスレなどが生まれ、濃紺の部分とのコントラストが生まれた。縫製糸の番手を細くし、ミシンの縫製ピッチを細かくしたことに加えて、縫製糸の縮みも相まって、かなり細かいパッカリングも生まれている!

ヴィンテージそのままの経年変化。

 



まさにベースとしたヴィンテージジャケットのエイジングそのもの! 古い紡績方法ならではのムラのあるテクスチャーも浮き出ているし、カスレ部分やパッカリング部分とのコントラストも生まれてきた。

デニム好きも是非ともお試しあれ!

応募終了までにお届けできるエイジングはここまでではあるが、ぜひ参考にしていただきたい。デニムとは似て非なるインディゴコットンのエイジングを一生をかけて楽しんでいただきたい。

ご購入はこちらから

Le Sans Pareil × 2nd ロングカバーオール
【完全受注発注・ご購入スケジュール】
購入期間:2022年1月21日(金)12:00~2022年3月10日(木)19:00まで
配送時期:5月中旬頃予定
※制作都合によりお届けが遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

【価格】
3万8500円(消費税、送料込み)

【サイズ】
38(S):着丈106 × 肩幅48 × 身幅60 × 袖丈61cm
40(M):着丈109 × 肩幅50 × 身幅62.5 × 袖丈62.5cm
42(L):着丈112 × 肩幅52 × 身幅65 × 袖丈64cm
※洗濯後の縮み目安 着丈2~3cm、身幅0.5~1cm、袖丈1~2cm

ご購入前に以下の注意事項をご確認ください。
※こちらの商品は完全受注販売商品です。
※ご注文から1週間以内のキャンセルが可能です。購入完了メールに記載のお問い合わせメールアドレスに、キャンセルの旨ご連絡をお願いいたします。購入完了メールが迷惑メールに入ってしまうことがございますので、届かない場合は、そちらも合わせてご確認ください。
※お客様都合の返品は受け付けておりません。

問い合わせ/2nd.info@heritage.inc


ご購入はこちらから

前の投稿 次の投稿