業界人SNAPで別注パンツの “使える度”を大検証!

業界人SNAPで別注パンツの “使える度”を大検証!

「いくらヨーロッパヴィンテージが旬で人気でも大好きなアメトラやプレッピースタイルと相性が悪かったら、デイリーユース出来ても着回しできない……」と思っている方も多いと思います。しかしそんな方にこそ手にとって欲しいヨーロッパミリタリーの入門編パンツ。アメカジ世代の洒落者にも合わせやすさのお墨付きをいただきました。

 

【使えるポイント1】
アメトラ&プレッピーラバーにもハマる
用性の高さがポイント!

原宿キャシディ/販売と仕入れ担当
八木沢博幸さん
40年もの長きにわたりプレッピースタイルを提唱し続ける八木沢さん。「デザインソースがフランス軍のミリタリーなので、トップスにはバスクシャツの定番を合わせてみました」

 

RIGHT
ユーソニアン グッズ ストア
店長/髙梨祐人さん

LEFT
ユーソニアン グッズ ストア
プレス/早野海さんRIGHT
最近購入したネイティブ柄のベストを軸とするコーディネイトがマイブームの高梨さん。普段のスタイリングにそのまま取り入れても違和感のないルックスだ

LEFT
アメリカン’50s の服を好む早野さんは、淡い色味のシャツがお気に入り。「別注パンツは股上が深いので僕の着こなしとも好相性です」

 

【使えるポイント2】
もちろんヨーロッパアイテムとの
相性は言わずもがな。

GMT/プレス
三浦由貴さんG.H. バスのプレスを担当する三浦さんはヨーロッパのアイテムと巧みに組み合わせた。「使い勝手の良さそうなベージュカラーを選びました。ミリタリーベースのパンツですが仏由来の上品さでトリッカーズとも相性がいい」

 

【使えるポイント3】
人気スタイリストが着こなす
カテゴリー別スタイルサンプル。

Modern〉コダンさんボリューム感のあるダウンシャツと黒い小物でまとめたコダンさん。「ベルト付きなのでサイズアップしてワイドに穿いてもかっこいい」

 

Basic〉吉村祥吾さん 「普段はスラックスを合わせることが多いベーシックなドレスシャツスタイルですが、このパンツに変えても◎」。シンプル派にもオススメ

 

 〈American Casual〉中村祐三さん 「裾ベルトでシルエットに変化をつけられるからアメカジと合わせてもマンネリしません!」スニーカー好きの足元はコンバースが良さそう

 

【使えるポイント 番外編】
丈感とシューズで着こなし広がる!

股上が深いためウエスト上で合わせてくるぶしを出すもよし、裾を絞ったアレンジでテーパード調に遊ぶもよし。シューズはドレス要素の強いタッセルローファーからカジュアルなスニーカーまで幅広いスタイルにハマる! ジャスト丈がいいか、短めがいいか、長めがいいか、裾の長さもよく検討したうえで、購入するサイズを選ぶべし。



前の投稿 次の投稿